戦国 武将 同性愛

Add: ofilehic65 - Date: 2020-11-23 20:22:49 - Views: 3041 - Clicks: 3696

同性愛を暴露された皇族 ソドムの町 31歳の男子、職工 同性の恋 田岡嶺雲(明治45年) 男色の禁 萬國新話 四・四 戦国武将と男色(昭和9年) 武士と同性愛(昭和5年). 一般的な戦国武将のイメージは、強そう、怖そう、厳しそうといったように昔はよくいたカミナリ親父のようなおじさんを想像してしまいます。 しかし、戦国武将たちが送った手紙には上司に泣き言を言っていたり、家族や友人に愚痴や愛情を表現している内容の手紙を書いています。 抱腹. タイトルの通り、戦国武将たちの数ある「同性愛関係だったのではないか? 」という通説や疑惑をひたすら検証していく内容です。 ほかにも、男色が武家の文化として広がった背景や、そのルーツ、「そもそも武家男色という文化は存在したのか?.

いそしんでいたと書いた。 つまりセックス三昧していたということ. 江戸時代になると、人々が行き交う都市には多くの「陰間茶屋」、つまり男娼を置く店が繁栄しました。 こうした茶屋は歌舞伎小屋の近くにあることが多く、気に入った歌舞伎役者をそのまま買うという行為も行われていました。 しかし、天明年間(1781~1788)あたりからは衰退してゆきます。 度重なる改革によって取り締まられたということもあります。 それよりもっと大きな要因は、都市部において男性が余るという歪(いびつ)な男女比が、時代がくだるにつれ正常化したことが大きな要因のようです。 と、ここまで読んで来て、すでにお気づきの方もおられるかもしれません。 男色が起きやすいところとは? ・寺社 ・戦場における武士 ・女性の少ない都市圏 すなわち男女比に偏りがある場合に男色が盛んになっているのです。 本来は異性愛者である人物が、環境的に異性を得られない場合、代償的に同性相手に恋愛や性行動を行う場合を“機会性同性愛”といいます。 日本の男色文化の背景には、こうした機会性同性愛の要素もあると言えるのではないでしょうか? もちろん生まれながらにして男色を好む人もいたでしょうが、江戸時代に男女比が正常化すると男色も下火になったという点は、注目すべき点でしょう。 戦国 武将 同性愛 また、江戸時代に関しては、藩によって男色を含めた性生活のルールが異なります。 男色が絆を深めるとして讃美された藩もあれば、男色に伴うトラブルを嫌い、禁止した藩もあります。 つまり、 「江戸時代の日本では、男色は盛んであった」 と、ザックリまとめることはできません。時代と地域ごとにばらつきがあるからです。. 戦国武将に同性愛が多かったのは、戦場に女を呼べない代わりに男を愛していたからだと俗に言われるんですけど、それは絶対に違って、男同士の方がよかったからなんですよね、やっぱり。 高野 でも、誰もができたわけではないんですよね、きっと。. 戦術部門や政治戦略部門で、それぞれのベスト10を選出してから トータルして、総合的に最強武将を決定しました。 どうか.

See full list on mukutto. v=nFbHnxZJcvo メインチャンネルはこちら See full list on bushoojapan. 同性愛者と公言している有名人の方も増えています。 実は、日本人の多くが知るような過去の偉人にも男色を好んだ方がたくさんいます。 何人かここでご紹介しましょう!.

男性同士の同性愛、恋愛話も数多く残されています。 武田信玄や伊達政宗など、武将の身の回りの世話をする小姓に宛てた恋文などが発見されており、その内容はたいへんお熱いものでした。. 戦国武将の多くは衆道を好んでいたことでも知られています。 キリスト教において禁止されていることのひとつに「同性愛」があります。 そのため、日本にやってきた宣教師たちは公然と行われていることに対し驚きを隠せませんでした。. ある東京都の区議会議員が、「同性愛を広めたら、足立区が滅ぶ」という発言をしたというニュース。自民党の議員て、なんでこんなにアタマが堅いんでしょうか。発言した議員は78歳。トランプ大統領並みに、老害もいいところです。ハンマーで頭殴りたいです。世界から笑われますね。自分. ここで疑問が湧いてきます。 どうして戦国武将は相手にわざわざ男を選ぶんだろうか? だって戦国武将といえばその時代のトップに君臨する存在です。 言い方は悪いですが、命令さえすれば女性に困ることはなかったはず。 にも関わらずなんで敢えて男に走るのか? これは単純にホモだった、子どもしか愛せなかったという武将も少なからずいたのではないか、と推測することはできますが、他にも大きな理由がありました。 それは女性は戦においては不浄な存在と考えられていたということです。 女性は戦に参加できません。 参加できないというか、女性がいるだけで悪とされていた時代でした。 妊婦さんは鎧に触れちゃだめとか、戦の出陣3日前はエッチもだめとか、とにかく戦に勝つことがすべてと考えられていた戦国時代の女性の立場は、現代では考えられないほどに低い時代でした。 だから代わりに容姿端麗な男児が選ばれたという説もあります。 とにかく現代の常識とはかけ離れていた時代だったことは確かですね。.

戦国時代にいた大名たちには「同性愛」ということが「常識」だったと聞くことがあります。 現代には「同性愛」のがちょっと変なお好みですが、同時には誰の大名でも平凡のだったと、例を挙げれば、織田信長と森らんまるの関係とか、武田信玄が「男色」を楽しんだって記録とか、 でも. この手のお話を初めて読まれる方には、いささか濃度がキツめでしたかね。 まぁ、当時の最高権力者の価値観を知るということで、続けましょう。 こうした家族ぐるみの男色関係は他にもあったようで、藤原頼長は、藤原家成の子である隆季、家明、成親も愛人にしました。 隆季に至っては、本人が嫌がるところを、いとこである藤原忠雅を通じてアタックをしかけ、祈祷までしてものにしたのだから、なんとも厄介としか言いようがありません。 特に頼長の場合は「藤氏長者(藤原氏のトップ)」という権力を笠に着たセクハラ&パワハラという一面もありますね。 平安時代は、一門の女子を天皇に送り込むことで権威を得る、性と権力が絡まりあったような時代でしたが、それも平安末期になると同性愛でもそういうことが起こったのでしょうか。 パワーゲームと性愛が一体化した時代であり、他とは一線を画しています。 藤原頼長は妻帯しており、周囲に女性がいない環境ではありません。 また、稚児や小姓のような年齢差のある関係を持つのではなく、成人男性同士で関係を結んでいます。 このあたりは他の事例と異なる部分があると言えるでしょう。. 「日本は同性愛に寛容だった」 という言葉を見かけます。 これには注意が必要でしょう。 男性同士の性交渉が「罪」として断罪されていたヨーロッパの宣教師からすれば、日本は「悪徳が蔓延して誰も咎めない国」だったかもしれません。 しかし、実はそれも時代や地域によって事情は異なり、一概には断言できないのです。 また、前述した通り、「寝所にいるボディガードであったのか」、それとも「愛人」であったのか、判別できないこともあります。 藤原頼長のようにハッキリと日記に記載があったり、武田信玄のように恋文が残っているのであれば確定的ですが、「AさんとBさんは寝所に一緒にいた」程度であれば、後世に拡大解釈された可能性も大いにもあるわけです。 歴史的な事例を恣意的に持ち出し、明治以降の流れを無視して「日本は同性愛に寛容」とすることには問題があります。 また、寺社における稚児の寵愛や、小姓の場合は、身分差や年齢差の差がある関係性でもあり、現代の成人同士が合意に基づく同性愛とは別ものです。 現代の「同性愛者の権利に寛容」というのは、制度的に結婚等を含めて同性愛者の権利を認めるかどうか、という問題です。 「日本は稚児や小姓の文化もあるし、今だってBLがこんなに盛んなのだから、同性愛に寛容なんだよ」 といったことは、別の問題を混同しているものです。 ですので、大河ドラマの歴史的考証に基づいた同性愛描写を「女性向け」「BL」といった捉え方をするニュース記事等については、少々短絡的ではないかと個人的には思います。 昔と今の考え方が違うのは当たり前のことであり、性愛に関してももちろんそうです。 歴史と現代は別物と考えたうえで、偏見を持たずに男色を考えることが大事ではないでしょうか。 文・小檜山青 【TOP画像】衆道物語/国立国会図書館蔵 【参考文献】 『男色の日本史――なぜ世界有数の同性愛文化が栄えたのか』(→amazon link) 『女系図でみる驚きの日本史 (新潮新書)』(→amazon 戦国 武将 同性愛 link). 機会的同性愛の面強い衆道には女人禁制の寺社における稚児へのペドフィリア、小姓など身分差・年齢差など明確な上下関係が基本的に背景にあるため、現代では上司が部下に地位や権力を背景に性交を行うパワハラ・セクハラにあたるケースも多く、現代. なぜでしょうか? 昔の人は同性愛者が多かったのでしょうか?車に関する質問ならGoo知恵袋。あなたの質問に50万人以上のユーザーが回答を寄せてくれます。.

ファミレスの店長をしながら戦国武将・大名たちの日常を ご紹介している南昌幸と申します。 このブログは、あなたが知り得ない戦国武将の普段の様子や、何を食べていたのか?などをあなたに伝えるブログです! なんで知ってほしいと思ったのか?. 【同性愛の歴史】戦国時代を代表する武将・武田信玄から高坂昌信へのラブレター Facebookでシェア ツイート 保存 そもそも手紙というものは、その多くが他人に読まれることを想定して書かれていないため、宛てた人以外の誰かに見られると恥ずかしい内容. 男性同士・女性同士問わず、同性愛は紀元前の頃から世界各地で存在していました。 古い時代であればあるほど、女性を中心とした記録は残りにくいので、歴史を語る際はほとんど男性同士=男色の話題が多くなります。. 伏見憲明の書評 乃至政彦 著『戦国武将と男色』(洋泉社・歴史新書y) 「同性愛」は時代や地域に限定される概念で、日本でも明治以降、西洋の文化が輸入されることで広まった。近代以前は、この国では男性間での性愛を「男色」と呼んでいたが、それは年長の男性と少年との関係を. 戦国 武将 同性愛 戦国時代にいた同性のカップルについて戦国時代には主従関係の維持や女性の代わりなどを目的とした小姓との衆道の習慣がありましたが、 本当に同性愛に走った武将がいたそうなのですが、それが誰か教えてください。. 日本における同性愛(にほんにおけるどうせいあい)の記録は古代に遡る。 かつて男性同性愛は「男色」(なんしょく、だんしょく)、江戸期以降の武家社会におけるものは「衆道」・「若衆道」、歌舞伎の世界では「陰間」などの言葉で表現されていた。. まず国際的に見て、歴史上の「日本の男色は、古代ギリシャに匹敵する」と言われたりします。 キリスト教圏では、男性同士の性行為は「ソドミー」、「自然に反する最悪の罪」とみなされました。 イギリスのように20世紀まで投獄された場合もあり、多くの諸国で社会的に受け入れられてなかったのですね。 日本と地理的に近い中国および朝鮮半島では、時代や王朝によっては禁止、制限されることがありました。 容認はされていましたが、推奨とまではいかなかったようです。.

男性ばかりの僧侶が男色に走ることは、日本以外でもありました。 中国大陸や朝鮮半島では「破戒僧のやること」として、あまり好ましくないとされ、笑い話のネタにされるものでした。 しかし、日本ではなぜだか寛容であり「許容範囲内の逸脱」扱い。 「女色を我慢しているのだから、美少年を愛するくらいいいじゃないか」 というワケですね。 こうした扱いは、女性を不浄とみなす考えも関係していたと考えられます。 武士の場合、男性ばかりの戦場において、小姓を性的な関係兼ボディガードの役割を果たすものとして側に置くのは効率的でした。 主君と家臣――究極の忠義のかたちとしての男色もありました。 また武士の中には、幼少期に寺で教育を受ける者もいたため、寺でそうした慣習を覚えるということも。 戦国武士と男色の関係は、今さら書くまでもないほど有名なものもあります。 ただし、後世「寝所にいたのだからそういう関係なのだ」と拡大解釈されたと思われるケースもあります。 『おんな城主直虎』でも描かれた徳川家康と井伊直政の場合も、色小姓であったのか、それとも気の置けない話相手兼頼りになるボディガードとして寝所にいたのかは、どちらにも解釈できるものです。 そのような関係性を、ドラマでは反映したものと思われます。. だ。 しかし、これ、見方によってはまとも。 戦国時代は、戦場に小姓を連れてい. とはいうものの、戦国武将は男色経験ありといっても現代のホモとはちょっと違います。 男色家は男だけじゃなくてちゃんと女性も相手にしています。 現代で言うところのバイセクシャルだったわけですね。 単純な男好きということではなく、当時は武士のたしなみとして男色が行われていたという話があります。 それに戦国武将の相手に選ばれる子どもとはそれだけ寵愛(ちょうあい)される、つまりお気に入りな存在として認められるということ。 出世街道を一気に登ることができるというわけです。 「どうだい?このカギが取れるかい?」なんてホテルのカギをくるくる回すエロ社長の姿が目に浮かびます。 男色は日本独特の文化で、外国から見るとなかなか理解されないことがあります。 まぁ日本人の僕らでさえ理解できないことなので外国人にはもっとさっぱりでしょうね。 そういうご先祖様たちに生かされて今日の僕達がいるんだなぁと、生きてることに感謝するゆーすけでした。. 戦国武将と「若衆道(わかしゅどう)」 武士の間でいつごろから同性愛の文化が生まれたのかは分かっていませんが、少なくとも鎌倉から室町へと時代が移るころには定着していたと考えられています。. 同性愛は、若い頃の遊びの一種であり、大人になってもその趣味をやっている人がいました。 仏教の影響が大きいのでしょうか? 昔女性とsexしてはいけない坊さん達は、同性愛しかなかったわけです。. 歴史の雑学. もともと男色は平安時代に僧侶や公家の間で流行り始めたと言われています。 貴族の子どもがお寺に入り、僧侶の身の回りの世話をするという制度がありましたが、その時の子どもが僧侶の相手をしていたというから驚き。 お寺や寺院では女人禁制のところがほとんどですが、男児相手ならOKという現代ではちょっと考えられない驚くべき考えがありました。 これらの子どもたちは稚児(ちご)と呼ばれ、前髪を長く伸ばして化粧をしたりまるで女性の雰囲気になるよう身なりを整えている場合もありました。 現代ではいろんな価値観が認められてBLも一般化してきていますが、相手が子どもとなると話は別。一瞬で規制されちゃいます。 まぁあくまでも何百年も昔は男色が常識だったという前提をくれぐれもお忘れなく。.

年大河ドラマ『平清盛』でも、同性愛描写が出てきました。 登場したのは「悪左府」こと藤原頼長です。 彼の愛人は、史料から確認できるだけでも最低7人。 そのうち源成雅については、父の藤原忠実と共に愛人として共有していました。 成雅モテモテ?かと思ったら、この藤原忠実、『富家語』によると、こう語っていたそうです。 「亡くなった源信雅はイケメンだったけど、お尻は駄目。息子の源成雅は、顔はイマイチだけど、お尻は父より上。だから寵愛したんだよね」 つまり、源信雅・成雅父子は、二代で藤原忠実と関係を持っていた。 そして息子の源成雅は、藤原忠実・頼長父子二代とも関係を持っていた、と。 いやぁ. 古代・戦国・幕末から近現代までバラエティ豊かな 戦国 武将 同性愛 驚きの、楽しい、そして感動する“歴史秘話”お届けします!. 戦国時代に武将同士同性愛の記録はありますか?昔の武将の自画像見ると眼孔鋭くプロレスラーみたいな人間が多いイメージがあります。 男が男を抱くみたいなイメージができません。 武田信玄が、村の美少年にラブレターを書き続け、自分の小姓(付き人)にして、BL関係になりましたが.

戦国 武将 同性愛

email: [email protected] - phone:(412) 840-4915 x 5888

仕事 運 神社 東海 - Appear disappear

-> 手紙 親愛 なる 子供 達 へ
-> 継続 する

戦国 武将 同性愛 - コミック


Sitemap 1

Bd garfield -