ドイツ 福島 原発

Add: azahanoz6 - Date: 2020-12-08 15:11:23 - Views: 5813 - Clicks: 1893

ドイツが菅元首相に「脱原発勇敢賞」を授与した理由. See full list on co-media. 11後に決まったと思われがちだが、実は「社会民主党」と「緑の党」が、1998年に16年ぶりの政権交代を果たした時の選挙公約だった。連立政府は、電力会社と合意した脱原発を、省エネと再生可能エネルギー普及の2本柱で進め、脱原発法を制定した。 25年間大手電力会社に勤務した当時の経済相は国会で「政府は、安全が経済利益より優先する立場をとる。ドイツの原発は安全だという事実に関わりなく、それらが100%安全とはいえないことに全く議論の余地はない。たとえ非常に確率は低くても、この国に人が住めなくなるような被害は起こりうる」と答弁した。 年に交代した保守政権のメルケル(Merkel:メァケルとも表記)首相は、原発の稼働延長を決めていたが、3. See full list on wired. 東日本大震災、これに続いた福島第一原発の過酷事故を教訓に、ドイツはただちに稼働中の原発のうち七基を停止し、二〇二二年末までに十七基. ドイツは、福島第1の原発事故の後、年ですべての原発を停止すると決めた。. それだけにドイツの言論界では、去年12月の日本での総選挙の前から、安倍政権が福島事故から4年も経たない内に原発再稼働への道を歩み始めた.

日本とドイツのエネルギー政策:福島原発事故後の明暗を分けた正反対の対応 この記事は、ロッキーマウンテン研究所のウェブサイトに年7月8日に掲載されたエイモリー・ロビンス博士による“How Opposite Energy Policies Turned The Fukushima Disaster Into A Loss For Japan And A Win For Germany”の日本語訳である。. の原発事敀による放射能拡散予報図がドイツでは毎日更新されています。 3月11日以降、福島原発の事敀発生後、日本に滞在中の多くのドイツ人は帰国しました。またド イツ国内では脱原発のデモや年までにドイツ国内のすべての原発稼動停止させる政策. 米国では原子力を競争力のあるエネルギーにするために、直接、あるいは「ゼロエミッションクレジット(Zero Emission Credit)」を通じて原子力発電所への助成金が交付されるようになるかもしれない。近年、イリノイ州やオハイオ州では政治家たちによってこのような制度が提案されているが、いまだ議論を呼んでいる。 「原発への補助金交付は、明らかに健全な産業の兆候でありません」と、エネルギー関連コンサルタント会社のコンチネンタル・エコノミクス社長で、原子力に関する論文をマンハッタン政策研究所に寄稿したジョナサン・レッサーは語る。 レッサーが原発への補助金交付の代替案として提案しているのが、再生可能エネルギー発電への補助金の削減だ。その目的は規制緩和されたエネルギー市場において、原子力発電がさらに競争力をつけることだが、一方で化石燃料発電に炭素税を課せばいいとする論者もいる。 いずれの意見にも反対派はいる。再生可能エネルギー発電を行う企業は補助金を減らされたくないし、化石燃料発電を行う側はCO2に値付けをされたくはない。 エネルギー問題を扱う非営利の研究機関ロッキーマウンテン研究所の共同創設者エイモリー・ロヴィンスは、原発への補助金交付はCO2排出量削減の最善策ではないと指摘する。彼の計算によると、原発への補助金をエネルギー効率化プログラムに振り替えれば、「間接的ではあるが、石炭火力発電所を閉鎖する場合よりもCO2排出量をかなり抑えられる」というのだ。 とはいえ、米国での核分裂への望みがすべて断たれたわけではない。米国内の古くからある多数の原子炉が廃炉になるとしても、20年代の終わりまでには、新たな小型モジュール原子炉(SMR)が実用化される見通しだ。 この新型原子炉は現行の原子炉よりも低価格で安全になる見込みで、政治的な観点から見ても発電以外に魅力的な複数の活用可能性がある。「CO2削減が最重要事項であるなら、何よりもまず小型モジュール原子炉を採用すべきです」とレッサーは語る。 しかしドイツと同様に、米国でもいまはまだ新たな原子炉の採用は容易には受け入れられないかもしれない。. それと比較し、日本のメディアはどうであったか。放射能の危険性をしっかりと報道していただろうか。「原発安全神話」に固執する姿勢がなかっただろうか。福島原発事故後、政府及び多くのメディアは、原発から漏れた放射能の量は、避難地域以外「危険な基準」を下回っており、「安全」であるかのように語り続けていた。1960年代政府は、資源に乏しく、原爆の記憶が生々しく残った日本で原子力発電を推進するため、メディアを利用して「原発は絶対に安全」と国民を説得した。チェルノブイリ事故後でさえ、「日本の原発は、旧ソ連のものとは違って安全であり、決して事故は起きない」とする報告書を出し、放射能による汚染や影響、その後の対策等、事故のフォローアップを怠った。そして、この「安全神話」のため、日本の原発の安全基準は、長らく見直されることがなかったのである。 今回も例外ではない。その「危険な基準」とは、いったい何に基づいたものなのか、何をもって「安全」と言えるのか等の説明はなく、炉内でのメルトダウンについては何度も説明が変わるなど、政府、東電及びメディアは、常に情報を曖昧にしていた。また、各局ニュースに登壇する解説者の多くは「原子力発電」の専門家ではなく、被害拡大の危険性や、事故の進展性に対する、客観的・専門的観点からの指摘も少なかった。日本での経験が長く、事故当時も現地で取材にあたったという英メディアのジャーナリストは、事故時の日本の報道を見て、「大手報道機関のほとんどが、自分たちが知っていること、あるいは考えていることを報道しない印象を持った」とコメントした。そして、報道機関が制約を受けたのは、政治エスタブリッシュメントとの馴れ合いの関係があるからだ、としている。. ところが、非営利団体の全米経済研究所(NBER)が19年12月に発表した研究結果によると、ドイツの脱原発という判断は、多額の出費を伴う致命的な誤算だった可能性があるという。 経済学者はドイツの脱原発にかかる隠れた費用を明らかにすべく、01年から17年にかけて収集された大量のデータを分析した。この結果、カリフォルニア大学バークレー校、同サンタバーバラ校、カーネギーメロン大学の研究者たちは、原子力発電の大半が石炭火力発電所からの電力に置き変わったことで、CO2排出量が年間3,600万トン、すなわち約5パーセント増加したことを突き止めた。 さらに悲惨なことに、石炭燃焼量の増加によって、発電所の周辺で粒子汚染の悪化や二酸化硫黄排出量の増加が生じ、呼吸器や循環器の疾患による死者が年間1,100人増加することも推測している。また、CO2排出量と死亡者数の増加に伴う社会的費用は、総計で年間約120億ドル(約1兆3,000億円)に相当するという。 この研究論文によって、メルトダウンのリスクや放射性廃棄物の処理コストを考慮しても、脱原発には原発を稼働させておくためにかかる費用を数十億ドルも上回るコストが発生することが明らかになったのだ。 「世間の人々は原発事故のリスクや損害を高く見積もりすぎています」と、カーネギーメロン大学の経済学者で本論文の著者のひとりであるアクシャヤ・ジャーは言う。「発電所周辺の大気汚染のコストがかなり高くつくという事実に、人々が気づいていない点も明らかです。大気汚染は気づかないうちに生命を脅かすサイレントキラーなのです」. 11福島第一原子力発電所事故をめぐる社会情報環境の検証 ─テレビ・ジャーナリズム、ソーシャル・メディアの特性と課題─ 際立つドイツの原発事故報道: 福島原発事故報道の国際比較研究より. ドイツは福島第一原発の事故のあと、脱原発を高らかに掲げ、将来、原発を止めた暁には、その分の電力を再生可能エネルギーで賄うという決意. 福島原発事故の直前、ドイツには17基の原子炉があった。メルケル政権は福島原発事故が起きた4日後に、「原子力モラトリアム」を発令し、1980年以前に運転を始めた7基を直ちに停止させた。この7基と、トラブルで止まっていた1基は廃炉になり、残りの9基.

福島原発事故3周年の14年3月11日、「福島を忘れるな。全原発即時廃止」を掲げた集会が全ドイツ239カ所で開かれた。その後もゴアレーベンでは「福島の警告を忘れるな!月曜行動」が現在まで500回を超えて行われている。 新たな戦闘宣言. 11の2か月前に民放テレビが放映した、「稼働延長が決まった老朽原発の事故でドイツ第2の大都市が死の町になった」というドラマは、その最たるものだろう。 ドイツでも電力会社による宣伝活動はあるが、原発が安いとか安全などと信じる人はもはやいない。一方日本では、「原発広告」の著者である本間龍氏によると「税金や電気料金が使われている原発広告宣伝費の本当の目的はメディアコントロールで、電力会社は原発安全神話をすり込むために42年間で2兆4000億円使った」という。だから、日本では原発の問題点があまり知られていないのだ。 ドイツの脱原発デモは、3. て、福島原発報道は災害ニュースではなく、政 治あるいは社会ニュースというフレームで捉 えた国において価値が高くなると考えられる。 (2)福島報道とドイツ国内政党政治の関係 では、原発報道の焦点について見てみる。コー. チェルノブイリ原発事故の翌年、14歳の少女が主人公の青少年向け原発事故小説『ディ ヴォルケ(邦訳題名:みえない雲)』が出版された。1988年にドイツ最高の児童文学賞を受賞して以来、教材に採用する学校が増えただけでなく、原発推進の政治家や原子力業界の経営者たちにも読まれるようになったという。日本を含む13カ国で出版され、年には映画化もされた。 参考記事:「国語教材にもなった原発事故小説(ドイツ児童文学賞受賞)の著者グドゥルン・パウゼヴァングさんに聞く」 脱原発デモの参加者に尋ねると、親子2代で「この本を学校で読んだ」という人が多いことに驚く。教科書検定など無縁のドイツの学校では、教材選定が教師の裁量に任されているのだ。ちなみに、隣国ベルギーの進学校でもこの本を国語教材に使っている。 「100万年の安全管理が必要な核廃棄物」(ドイツ連邦環境省)という負の遺産を押し付けられる子どもたち、さらにそれ以降の世代のためにも、今「エネルギーシフト」のあり方が、待ったなしに問われている。 (婦人通信2016年9月号より転載) ドイツ 福島 原発 ※トップ画像:ドイツとドイツ在住日本人が設立したの脱原発団体による合同デモ。約600人が行進した(年3月14日)©KAWASAKI Yoko.

近年、世界の原子力市場で存在感を増しているのが中国だ。初めて原発を稼働した1994年以降、急速に導入を進め、アメリカ、フランスに次ぐ37基を保有(原発比率は約4%)しており、2020年には現状の8割増の規模にまで拡大する計画だ。福島第一原発事故を受けて内陸部での建設は凍結しているが、沿岸部で開発を継続している。さらに技術を国産化した上で、パキスタンやアルゼンチンなど新興国向けの原発輸出に積極的に取り組んでいる。 韓国では、24基が稼働(原発比率は約30%)している。文大統領は脱原発を宣言し、昨年10月に、「エネルギー転換(脱原発)ロードマップ」を決定して、新規建設計画を全面白紙化した。ただ政府は、脱原発を国民生活に支障が起きないように少なくとも60年以上の時間をかけて漸進的に進めると説明しており、建設中だった新古里5、6号機については、討論型世論調査を行った上で建設再開を決定している。 関連情報 資源エネルギー庁スペシャルコンテンツ 特集記事「世界の原発利用の歴史と今」. . 福島事故が起きた時、ドイツでは17基の原発が使われていた(そのうちの1基、クリュンメル原発は変圧器の. ナレーションでは、山下氏の発言は、「動物実験はありませんが」になっていますが、彼は、「これは明確な動物実験でわかっています」と.

About Press Copyright Contact us Creators Advertise Developers Terms Privacy Policy & Safety How YouTube works Test new features Press Copyright Contact us Creators. 11後に4大都市で過去最大の25万人を記録したが、公共放送による告知の効果も大きかったに違いない。最近は、隣国ベルギーの欠陥原発に対し、国境を越えて自治体連合が提訴しデモも頻繁にある。今年6月のデモでは12歳の少女から、「公共テレビの『こどもニュース』で脱原発デモの告知を見たから参加を決めた」と聞いた。ことほど左様に、メディアは脱原発デモに貢献しているのだ。また、警察も非常に好意的で全面的に協力してくれる。 「脱原発活動は公益に奉仕する」とみなされ、税法上も様々な特典が与えられるので、全国各地に多くの団体がある。年にはドイツ在住の日本人たちも、「さよなら原発デュッセルドルフ」という登録公益社団法人を設立している。. ドイツが電力輸出国なのは、再生可能エネルギーのコストが安すぎて、ドイツ国内の電力卸価格が安いから。 お隣のフランスは原発が多くて発電コストが高く、電力も高く買ってくれるからドイツの事業者はフランスに輸出している。. ドイツが脱原発に向かう針路反転をすることはなさそうだが、この研究結果は米国に重大な教訓をもたらしている。米国では原子力の行く末がますます不透明になっているからだ。 1989年以前に建設された米国内の多数の原子炉は、その既定の寿命が急速に終わりに近づきつつある。また、現在建設中の新たな原子炉はわずか2基で、いずれも予算を大幅に上回っている。この費用超過は、それでなくても高い電力料金を高騰させることなるだろう。 米国の多くのエネルギー市場において、原子力は低価格で豊富にある天然ガスや、政府から手厚い補助を受けている再生可能エネルギーとの競争に悪戦苦闘している。そんななか、現在稼働中の原子炉の寿命を延ばす試みは、経済的・政治的な困難に直面しているのだ。 米国で州内すべての原発の段階的廃止を目指しているのは、カリフォルニア州のみである。しかし、電力会社の事業継続が困難になるという理由だけで、将来いくつかの原発が廃止されるかもしれない。そこで問題になるのが、米国内での原発を廃止すると、ドイツの場合と同様に、CO2排出量の急増を招くのかということだ。 世界原子力協会(WNA)の上級報道官ジョナサン・コブいわく、原発を廃止してもCO2排出量を増加させない唯一の方法は、石炭などの化石燃料を用いる発電所も同時に廃止することだ。「米国のように発電量の約3分の1が石炭由来である場合、石炭火力発電所よりも先に原発を残らず廃止するという選択は、環境保護の観点からするとどのレヴェルでも無責任です」とコブは言う。 国連は、世界の平均気温の上昇を2℃未満に抑えるという目標のためには、原子力がエネルギーミックスの一部でなければならないとの声明を出している。19年に国際エネルギー機関(IEA)は、原子力エネルギーを現時点の水準に保っておかない限り、目標達成は「極めて困難になり、より費用がかかる」との見解を示した。.

· 福島県にプロサッカークラブがある。そう伝えると、ドイツ人の友人は驚いていた。そんな普通の暮らしがあるとは、といった反応だった. ドイツの再生可能エネルギーは、年施行の推進法のおかげで急成長し、年には総電力消費量でトップになった。ドイツと類似の推進法は、日本でも同時期に議員立法で出されたが、経産省など電力利権勢力から潰されたために、世界で大幅に出遅れている。 「ドイツは原発を減らしながら、フランスから原発の電力を輸入している」とよく言われるが、実際はその逆で、対フランスに限らず電力全体の輸出が輸入を上回っている。出力調整ができない原発のために、風力や太陽光発電を停めなければならない日もあるくらいだ。 ドイツは地域主権なので、過酷事故のリスクや送電ロスが大きい巨大な発電所から、リスクを分散する地域分散型の再生可能エネルギーに移行しやすい。地域内で循環する資金が、経済の活性化をもたらし雇用も創出するので、少子高齢化が進み人口減少に悩む地域が元気になったという。補助金や交付金に縛られた中央集権制の日本では、特に難しい点だ。 省エネも再生エネルギー普及も、ドイツの得意分野である技術革新を促し、競争力を高めて輸出を伸ばし、新たな雇用を創出してきた。このようにドイツの「エネルギーシフト」は、2~3年ごとに異動する経産省の官僚が、有識者を集めた審議会でシナリオ通りに決定する日本のエネルギー政策とは大きく異なる。雇用対策や自治体の在り方までも視野に入れた、長期的かつ包括的な社会変革手段なのである。. 福島原発事故をきっかけに、年までに原発を全廃することを決めたドイツ人ならではの疑問である。 エネルギー政策は霧の中. 日本政府の怠慢と虚構、国民のニーズに応えることができない無能さが、震災、及び一連の事故を通じて表面化し、国民を失望させた。メディアも例外ではない。国民は、政治家等の権力者やメディアが、自分たちを裏切ったことに気が付いている。.

イギリスもまた原発を黎明期から利用している。現在では15基が稼働(原発比率は約20%)しているが、老朽化が進んでいることが課題だ。2050年までに温室効果ガスを1990年比で80%削減する目標を法律で定めており、政府は原発を重要な低炭素電源と位置づけている。2013年12月には原発や再生可能エネルギーなど低炭素電源を対象に「差額決済契約制度」の導入を決め、売電収入の安定化によりこれらの事業の予見性を高める道筋をつけた。8つのサイトで原発の新設計画があるが、国内では関連技術が既に衰退してしまっており、主に海外の事業者によって開発が進められている。 フランスは58基が稼働し、原発比率は7割を超える。前政権で「エネルギー転換法」が成立し、2025年までに原発比率を50%まで引き下げる方針をかかげたが、マクロン現政権はこの達成時期を5~10年程度延期することを決めた。政府は見直しの背景として、原発の閉鎖を進めれば、代わりに石炭火力発電所を稼動させることが必要となり、二酸化炭素の排出量増加が避けられない点を指摘している。 ドイツでは7基が稼働(原発比率は約13%)しているが、福島第一原発事故を受けて、あらためて脱原発の方針を表明した。2022年までに全原発を閉鎖することを決定し、再生可能エネルギーの利用拡大を進めている。電力の安定供給のために、石炭火力発電への依存度が高くなっており、温暖化対策との両立をはかる必要も生じている。. ドイツのフランクフルトで3月4日から開催されている国際会議、『原発事故かもたらす自然界と人体への影響について』」の2日目が行われた。 はじめに、福島県から来独した今田かおるさんが、事故直後当時の経験を振り返りながら、医師としての経験を語った。 「震災後、一日200人も診察し. 年3月11日、津波と福島第一原発の大事故を引き起こした東日本大震災が起き、地球の反対側のドイツでは政治が根本から変わった。キリスト教. See full list on swissinfo. ドイツ 福島 原発 .

最も多くの質問が寄せられたのが、東日本大震災時における、原発問題についてである。事故当時ドイツでは、福島原発周辺は非常に危険な状態であると報道され、東京周辺にいるドイツ国民には、関西よりさらに南へ避難するよう指示があった。また、ドイツメディアの報道を見た多くの留学生が、帰国を急いだという。チェルノブイリ原子力発電所事故の際に、その恐ろしさを、報道や社会の対応を通して、身に染みて感じていたからである。事故時、チェルノブイリから遠く離れたドイツでは、子供たちが砂場で遊ぶことを禁じ、青果物の販売を制限、また放射能の量とその危険性を、毎日しっかりと報じた。 この事実を背景に、ドイツメディアは、福島原発周辺の人々がなぜもっと遠くへ避難しないのか、危険性に関する十分な報道はなされているのか、と問いかけていたそうだ。筆者も、クラスメートから多くの質問を受けた。広島や長崎の経験から、原子力の怖さを十分に知っているはずの日本人が、どうしてもっと放射能を恐れないのか。地震被害の多い国に、なぜそんなにも多くの原発があり、なぜ事故後の今でも稼働が推進されているのか、と。. 原発停止後にエネルギー分野から指摘された懸念は、ドイツが原発停止中、停電を防ぐためには電力輸入に大きく依存しなければならなくなるであろうということであったが、それに反して、ドイツ自体は朝の需要ピーク時にはむしろ輸出が輸入よりも. 福島原発事故を受けて起こった様々な事象、たとえば既存の原発に対する政府の措置、ドイツ全土で25万人が集まったデモ、バーデン・ヴュルテンベルク(BW)州など三州での州議会選挙での緑の党の躍進(BW州では同党が第一党となり州首相のポストを押さえた. 問題はほかにもある。利潤の多い原発を予定より早く稼働停止しなくてはならないことから、原発運営企業に賠償金の要求権が発生する可能性があるのだ。大手三大エネルギー企業のEon、RWE、バッテンフォールはカールスルーエにある連邦憲法裁判所に対し、公用徴収による賠償金請求の訴状を提出した。これらの企業の勝算は大きいと見られている。スイスのロイトハルト・エネルギー相は、スイスの原発が予定より早く稼働停止となった場合も同様の訴訟が起こるのではないかと懸念している。 同相はさらに、ドイツは現在電力を過剰生産しており、外国に安価で売却していると批判する。特に天気が良く風も強い日にはエコ電気が優遇され、自国で必要としない電気は周辺諸国へと送電されるが、その価格はスイスの水力発電が太刀打ちできないほど低い。 また、スイスは購入した電力の元をたどることもできない。つまり、ドイツの「汚い」石炭で作られた電気を購入している可能性も十分にあるのだ。フライブルクのエコ研究所に勤めるエネルギー・気候政策専門家フェリックス・マテスさんも同じ見解だ。「スイスで電力が足りなくなれば、ドイツは自国の発電能力の範囲内で追加生産した電気をスイスに提供するだろう。ということは、石炭か天然ガスによる発電になるはずだ」。スイスの電力網に需要ありとのサインが出れば、ドイツの発電所がフル回転するというわけだ。 しかし、マテスさんは別の可能性も示唆する。スイスでエコ電力を生産すればよいのだ。「脱原発の過程の中で、スイスが自国の再生可能な発電能力を高めれば、ドイツの発電所がフル回転することはないだろう」. ドイツ 福島 原発 「エネルギーシフト」の主役は、脱原発政権を選んだ市民たちだ。その舞台は、自治体に限らず学校、住宅、鉄道、銀行、スーパー、警察など社会全体におよぶ。大規模なデモもあり、市民たちを支える強い味方がメディアである。 メァケル首相が原発稼働延長を決めた際には、激しい反対運動が繰り広げられた。3. ドイツが脱原発決めたのは福島よりも前ですか後ですか? 前だと思います。悪名高きかのグリンピースが福島原発事故後に地方議会選挙で進出して、元々物理学者であったメルケルが原発の推進計画を凍結、その後年代には全て廃. ドイツでは、福島原発事故の後、国内で大規模な反原発運動が起こりました。 とくに南西ドイツでは反原発運動が高まり、デモの参加者たちはバーデン=ヴュルデンブルク州にあるネッカーヴェストハイム原発からシュトゥットガルトまで45キロにわたる.

See ドイツ 福島 原発 full list on speakupoverseas. ドイツはエネルギーシフトを推し進める中で、風力やバイオマス、水力、太陽光といった再生可能エネルギーの拡大に力を入れている。特に風力発電施設や太陽電池パネルは、グリーン電力を対象とした固定価格買い取り制度によって大きく後押しされている。 このような刺激もあり、発電における再生可能エネルギー利用の比率は、10年から15年までの5年間で17%から約30%にまで成長した。計画通りにいけば、50年には電力消費量の8割が、風力、太陽光、バイオマス、水力による発電で賄われる。 「再生可能エネルギーが増えているため、原子力がなくなってもその分は問題なく調整できる」と言うのは、ベルリンのシンクタンク「アゴーラ・エネルギーシフト」のクリストフ・ポデヴィルスさんだ。同シンクタンクには、気候変動などに関するプロジェクトを支援するメルカトール基金が主に出資している。ポデヴィルスさんたちは、ドイツにおけるできるだけ迅速なグリーン電力への移行をテーマにいろいろなシナリオを検討した。 そこには、スイスと大きく異なる点が一つある。ドイツでは現在、電力の42%が温暖化の一因である石炭火力発電で生産されており、うち18%が無煙炭、24%が褐炭だ。一方、スイスは電力需要の6割近くを自国の水力発電でカバーしている。つまり、ドイツより格段に気候にやさしいエネルギーを生産しているのだ。 カーボンニュートラルの原子力と異なり、石炭が気候バランスに与える影響は甚大だ。ポデヴィルスさんは次のように話す。「ドイツは脱原発という困難な課題を成し遂げた。次はこの汚い石炭火力発電からの脱却だ。気候保護計画の目標を達成するにはそうするしかない。ドイツも気候保護の義務を負っているのだから」. 02 「年の東京電力福島第一原発事故の後、首相として、脱原発と再生可能エネルギーの推進を政治決断した」という理由からだ。. ドイツ放射線防護協会より: 放射線防護の基本規則は、福島原発事故後も無視されてはならない ドイツ放射線防護協会は問う: 原子力利用と引きかえにどれだけの死亡と疾病を許容するのか? ドイツは福島の原発事故をきっかけに脱原発を決断?!「ドイツは福島原発事故をきっかけに脱原発を決断した」というのがドイツの脱原発に関する一番大きな誤解のようです。そして、この脱原発の英断を下したメルケル独首相を礼賛する多くの日本人に出会うにつけ、苦笑を禁じ得ません. ドイツがまさかの「脱・脱原発」に舵を切る可能性.

ドイツ 福島 原発

email: [email protected] - phone:(972) 291-2176 x 8384

勝田 歯科 -

-> イク まで 終わら ない 強制 エロ すごろく
-> 肺癌 取扱い 規約

ドイツ 福島 原発 -


Sitemap 1

タバタ トレーニング と は -